ホワイトバンドのお話


 まず結論。
 「OK よくわかった。 食べないけどイカリングにするから誰か台所貸して」
 非常に言葉汚いですが、これが結論。

 騒がれ始めたときに 「何処行っても買えなかった」 のにオークションで転売かまされてる事実と、 「ほっとけないブログ」 でマニュフェストがどうのこうの言ってる時点で怪しいなとは思っていたのですが ……。

 「チャリティーではなくジャスティス(正義)を!」 だと?

 アチコチに書かれている問題点がきちんと明示されない限り

 「寝言は、寝て言ってくれ!」

 としか言えないですな。

 ホワイトバンドにかかっている費用などの現実を見たら、ポスターに載っている有名人とやらはどう思うのだろう?
 この運動の旗振りは 「サニーサイド」 という会社で、ポスターに載っている有名人のグッズを販売している。
 コイツ等はアフリカの貧困なんて関係ないよな。
 コイツ等は金の亡者で、自分のグッズが売れて、ガポガポ金が入ってくればいいんだから。
 アフリカの貧困のために汗を流したり、飢える覚悟があるわきゃないよ。
 えェ~北島! なんか言ってみろよ! ビル・ゲッツほどの寄付をしろ。 …… とまで言わないけど、オマエ、アフリカの貧困のために寄付したことあるのか?
 日本で指を鳴らすときって、ラッキーとかツイてるとか、そういう意味合いだよね? 
 コイツ等のポスター見てると、 「俺たちの金儲けのため、3秒に一人死んでくれ!」 って言ってるようで気分悪い。


 日本のホワイトバンドキャンペーンは募金活動ではなく 日本政府の援助政策の変更を要求する政治活動への援助 なんだってよぉ~。
 くそぉ~、ますます気分悪い。

 基本法と一元的組織としての援助庁の設立を目指しているんだって。
 ホワイトバンドの諸費用を除いたお金は、すべてそのための活動費だって。
 外国製品は$1で販売しており、NGOの活動費にはなってない。

 運動の発生地はイギリス。
 イギリスの対アフリカ債権は1000万ドル。 イギリスからアフリカへの武器の年間輸出は20億ドル。

 日本が債権放棄
  ---> 払わずにすんだお金で政府が武器を買う
   ---> 対立する部民族を攻撃する
    ---> 内戦なので他国は干渉不可
     ---> 難民が生まれる
      ---> 貧困

 債権放棄は現状維持に加担する事になっちゃうぞぉ~?
 今でも日本政府は長期的な視野でODAなどの援助をしている。
 ちなみに日本が債権を放棄すれば 10兆5000億円 の負担。

 総選挙前日にホワイトバンドデーを開催して小泉に参加を迫っている。 社民党辻元も参加すべきと声をあげている。
 … んで、ホワイトバンドの集まりは9月10日、総選挙の前の日。

 ちなみにあのピースボードにも活動資金がいく。
 ピースボートの設立者は大阪の高槻から出馬している 辻元清美
 辻元の内縁の夫は北川明で彼は日本赤軍メンバー。
 北川はヨーロッパで日本赤軍の資金調達係。

 UK製品がアフリカで製作しているのに、なぜ日本のホワイトバンドは中国製なんだよぉ~ しかも、一個90円!
 疑いを前提に考えれば理由はすぐ思いつく。 よっぽどのバカ・アホ・マヌケじゃない限り。

 国会に向けてジャスティスウォーク( ジャスティスというかデモ )するイベントも企画されていましたが流石にやらなかったよう。

なんかおかしいいよナ? なにかすりかわっているよナ?