騙された!
  ホワイトバンド収益2億円は寄付ではなく、
     「NGOの活動費だ」 と代表が明言!


 わかりやすく言うと、 「誰も寄付するなんて言ってないだろうが、ドアホが。 俺の利益だ文句あるのかこの野郎!」 ということらしい。

 売ってる書店も 「寄付運動だと思っていた、募金詐欺だ」 と回答していますね。
 いったい、どういう説明をして商品をさばいているんだ?

 寄付だと思って買った人には返金して欲しいのだが?
 買っちゃった立場で言わせて貰うと、これって 「詐欺に近い」 んですけど!
 しゃ~ないから、黒く塗って、 「ブラックバンド」 にしようと思います。
 これは、 「インチキNGOは許さない!」 という意思表示のバンドです。
 みんなで黒く塗りましょう!

 … NGO団体 「オルタモンド」 事務局長の田中徹二氏は、運動の“趣旨”を説明する。
  「運動の趣旨は 『 お金ではなく、あなたの声をください。 その声をあらわすホワイトバンドを身につけてください 』。 あくまで、『 政策を変える 』ことを目的とした活動」
 なんじゃ、この意味不明な活動内容は。
 だったらタダで配れよ!
 臓器移植のリストバンドは無料で配ってるぞ。
 それに、何でサニーサイドアップという怪しい会社がこの件に絡んでるんだよ。
 メディアに批判させない為の押さえか?

  「…『3秒に子どもが1人死んでいる』との 衝撃的なキャッチコピー は、チャリティーキャンペーンも連想させる。 しかし、実際には 売り上げが直接、貧しい国へ寄付される仕組みではない。 それどころか、販売店や流通業者がある程度“もうかる”ようになっている。」

 つまり、 「3秒に子どもが1人死ぬ」 のは流通業者とNGOが儲けるネタにすぎないと。 やれやれ。
 要するに、 「俺たちが儲かるためには、3秒で1人は死んでくれないと困る」 ってことじゃん。
 ……で、実際にバンドを作っているのはアフリカ諸国じゃなくて、武器輸出国の中国 なんだよね( 300円中、90円 )。
  儲かったお金で子供を殺す武器でも作ってくださいっていう活動 なんですね。

  「… そして、残りの3割にあたる“収益”は寄付金ではなく、冒頭に田中氏が話すようにあくまで『 政策誘導するNGOの活動費 』 となる…」

 NGOの活動費って、具体的に言うと活動員と代表のボーナスだよな。
 他に何かやってるんだっけ?
 まだ何処にも1円の寄付もしてないんでしょ? みんな事業利益なんでしょ?
 いい商売だ!
 これで、日本のホワイトバンドが他国の3倍も高い理由が納得いきますね。
 寄付金額じゃなくって、全部が流通とかの人件費なんだから。
 あんたらの給料とボーナスなんだから。 そりゃ、高くなるわなぁ。

 ファミリーマートのホワイトバンド、再入荷分はサイズが前に比べて少し、小さくなっている。
 コストダウンはしっかりやってるようですナ。
 … で、それ全部、 「事業利益」 になるんですか? そうですか。

 しっかしまぁ~、NGOの活動が 「政策誘導」 って、その腰の引けてるザマは何なんでしょ? 
 NGOって何の略か知ってるんでしょうか、ねぇ田中さん?
 非政府組織だろ?
  「政府なんかあてになんねぇ! 世の中は俺たちで直接変えてやるぜ!」 って意気込みぐらいあって当然なのがNGOってもんだろ?
 それが、 「政策誘導」 って、要するに 「政治家にお願い」 じゃん! それなら、俺たちが自分でやるから、てめぇは引っ込んでろ!!

  「平和になりますように」 ってお祈りしても戦争がなくならないように、 「子供が助かるといいなぁ~」 なんてお喋りをいくらしても、1分も経てば子供の死体が20個ゴロリと転がってる寸法なんでしょ? 現地とのダイレクトなパイプを築いて、スグにでも集めた募金をどんどん送り込む必要があるんじゃないの? ッつーか、そういう 「いてもたってもいられない気持ち」 がNGO活動の原点なのかと思ってましたよ。  まったく甘かった。
じゃあ、NGOって営利組織の別名にすぎないって事で。

 政治活動の団体がNGOを名乗ることが多々ありますが、そういうのが一番嫌いですね。 胡散臭すぎる。
 結局、政党の隠れ蓑にすぎない。
 調べてみると、今回のホワイトバンドの件では、あのピースボートがバックにいる じゃないか! おぃおぃ勘弁してくれよ。
 これじゃあ収益金が社民党に流れるのではと危惧されるのは当然( 政策誘導を理由にそういったカネの流れをするのは正当 )じゃん。
 社民党の建て直し資金を寄付したつもりはないんだよ。
 これって、政治資金規制法のバックドアにもなり得るね。
 政党の支持者や活動家をNGO構成員として登録する。
 NGOは 「子供が死んじゃうよぉ~!」 とかなんとか言って、腕輪とか壺とか掛け軸とか適当なモノを売ればよい。
 その収益金はNGO構成員で分配すれば、政党は活動家のお手当を払う必要が無くなってウハウハ、どころか逆に寄付を徴収できるかもしれない( 給与天引きでサ・笑 )。

 もう一度言いますと、我々市民は政策云々の陳情をNGOなんぞに頼るつもりはありません。
 お願いがあれば直接言うし、無能無策っぷりには直接攻撃させてもらいます。 ( その為の市民権だ )
 つまりだ、田中さん、あんたらの出番は無いんだ。
 それをカネ集めて政治家のロビー活動を気取るなんて、何様のつもりだよ。 国民の代表ですか?( 笑 )
 ましてや芸能人を送り込んで中間利潤を貪ってるだけなサニーサイドアップに至っては、 「お呼びでない」 どころか、どんな罵詈雑言を浴びせて退場させようかアタマを抱え込んでしまいますよ。
 ぶっちゃけた話、集めた募金を直接アフリカにドンドコ流し込んだとしても、救える命なんて、しれてるのよ、確かに。
 んなコタぁ、募金入れてる側も知ってるの。
 それでも入れる300円を、偽善だと言いたければ言えばいいじゃん。
 俺たちゃ気にしねぇ~からさ。
 でもね、こういった活動が政治を動かす程の力になるとしたら、一人一人が 「少ねぇけどプラスになるなら」 と入れた300円に込めた気持ちと、 「いてもたってもいられない気持ち」 で募金活動をするNGOの気持ちが、一つになった時じゃないのかい? そうなって初めて、政策を変える力に育つ芽も出てくるんだよ、きっと。
 種もまかずに実を収穫しようたってそうはいくかい。

 ここで、賛同派の意見をきいてみましょう♪

  「もし、『 救いたい気持ち 』 があるなら、詐欺だろうと惜しくないはず」

 わははははは! どっかの回し者ですか?
 …… しょうがないなぁ。
 詐欺られたければ勝手に詐欺られてろよ、それが資本主義の自由です。
 でも純粋に寄付したかった人を巻き込まんでくれ。
 他人に迷惑かけないのが人間社会の最低のルールでございますので、それを学習してから 「救い たい気・持・ち♪」 だの、 「詐欺でもいいの・ウッフン」 だのと寝言ほざいてください馬鹿野郎。

 では、もう一つ賛同派の意見いってみよー。

  「最初から寄付とは言ってない。 騙されたお前の負け」

 まるでNGO 「オルタモンド」 事務局長の田中徹二さんの意見みたいですね。
 でもこれ、レッキとした 「賛同派」 の意見なんです。
 推測するに、純粋にファッションとして買ったと言いたいのでしょう。
 騙されて買った自分が悔しくなり、 「俺は寄付とか目的で買ったんじゃない、そう、純粋にファッションとして買ったのさ!俺は負けてなんかいないんだぁ~ッ」 と自己欺瞞と自己正当化に明け暮れているとおぼしい。
 幼稚ですが、カワイイ奴と言えなくもない。
 この理屈だと、アフリカ援助だの、子供を救うだのという政治的なドロドロ議論からはスッパリと抜け出して、個人的なファッション論に着地できる。

 もひとつ、いってみよう。

  「今までの募金も、現地の本当に必要な人には届いていない。 今回も届かなくて当然」

 すごい意見もあったもんだ。
 多分、日本国が現金で行った開発国援助が、現地でミサイルに化けていたことなどを言ってるのでしょう。
 國が詐欺をやって許されて、俺たちがやっていけないワケがないという理論です。

 んじゃぁ~ まとめ。    
 俺の気持ち: 「300円で命を救おう!」
 NGOの気持ち: 「俺たちが儲かるために、3秒で1人は死んでくれ!」
 気持ちの乖離:無限大・相互理解チョ~不可能

 フランスでは無料で 「白いヒモ」 を配って代用している活動もあるようで。 こういうのが本来の活動だよな。
 どのみち、ホワイトバンドは債務放棄目的の面妖な政治活動にすぎないってことがわかっちゃったから、 「タダでもいるか!」 ってカンジですが。

  「債務放棄」 を 「貧困問題のための活動」 というのは、問題のすり替えだ。 全然違う。
 どうせ国政への影響力なんてまるで無いだろうから気にしなくていいど、一応、ホワイトバンドのHPにある内容を書いておくと、
日本のアフリカに対するODA債権1兆5000億円を放棄 ( 年収40兆円台の國で1兆5000億円はスゴイ金額だ )
ODA現状8000億円を3兆5400億円に引き上げ ( 日本人全員、毎年1人当たり約3万円の負担 )
 3人家族だったら年間9万円の負担増。 しかも今年から人口減に入ったから負担金額は上がる一方になる。
 …… で、その金額を公共事業費( 平成17年度予算 )の7兆5000億円と比べて 「安い」 と言ってる。
 もうアホ、バカ、マヌケの世界。 もう一回、小学校からやり直せだ。

 日本のGNPの構成も知らないで、何がアフリカだよ。
 日本のGNPの構成は國50%、民間50%。 國の比率が異様に高く、そこに上の公共事業費も入ってる。
 つまり 「日本人の2人に1人は公共事業で食べている」 計算。
 ODAで使うカネは完全に外部に出ていくカネ、それを内部循環するカネと比較するのはまったくナンセンス。 バカッたれぇ~だ。

 あまりにも非難Go!Go!なので、寄付話をするNGOも出てきたようで。

 神戸市兵庫区のNGO 「海外災害援助市民センター」 (CODE)。
 免罪符よろしく、ホワイトバンドを売り出した。
 ところが集めたカネの寄付先がアメリカとアフガン。
 おぃおぃ、3秒で1人死ぬアフリカの子供はどこ行っちゃったんだよぉ~。

 …… つぅ~か、ホワイトバンドでかき集めたカネの用途なんて各NGOの任意なのね。
 まさに経営の苦しいNGOにはホワイトバンド商法は福音だったワケだ。
 よかったですねぇ~、定期収入が確保できて。
 さぁ~ニートでお悩みの皆さん、ホワイトバンド売ってるNGOに就職しましょう!
 もうしばらくはこのネタで商売できそうだから、収入バッチリですよ! 

 でもまぁ~、収益2億は暴利とは言えないかもね。 「未払い人は犯罪者だ」 の新生プランでおなじみの NHKエビ・ジョンイル元会長の退職金の総額3億( 3回貰う、3度目のみ凍結中 )に比べれば ………。